健康オタクの始まり…
病院に行って色々検査しても「原因不明」の一言で終わった事ありませんか?「ま、先生も魔術師ではないし」と思いながらもやっぱり気になる。それなら自分で解明するかな~?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーサイト
目からウロコ 現代医学の盲点
医者から根本的な原因を教えてもらえないなら自らリサーチすべし。そこで色々な本を読んでみた。まずは今話題のこの本。
「全米ナンバーワンの胃腸内視鏡外科医でありながら過去40年死亡診断書を一度も書いた事がない」とあるので思わず手にとった。(キャッチコピーって大事なんだね^^;)
西洋医学の先生でありながら“薬は基本的に「毒」である”と言う潔さ。「病気の大半は遺伝よりも習慣に原因がある」とも。「体質、遺伝だから」とあきらめずに治していけるかも?希望が持てるそんな本です。

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

とりあえず経過観察ということに
検査結果は悪性ではなかったので特に心配なし。なぜ卵巣膿腫になったか医者に聞いてみた。「子宮内膜症が生理の度に出血していくと大きくなる」との事。「ん?」医学的にはそうかもしれないけど、私としては「冷え性体質で血が滞ってるため」など今後の治療の参考になる回答を期待していたのだが…。それより私、いつから子宮内膜症だったの?知らなかった。説明のないまま、「どうします?手術しますか?」と聞かれ、頭の中が大きなハテナのままの私は「しません」「では経過観察で3ヶ月後に来てください」子宮内膜症の治療しなくていいのかな?だって生理来るたびに大きくなっていくのイヤだよ~

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

切るか切らざるべきか?
妊娠の予定があるなら手術をした方がいいらしい… 卵巣は切らずに中をくり抜くのだと。でも不思議な事に自覚症状がない。あの腹痛とは全く関係ないとの事。自覚症状がない分、わざわざお腹を切るのもねぇ~。とりあえず、血液検査とMRIの結果で判断することとなった。でも何が原因で大きくなるんだろう?“風邪ならウィルス”、“事故で骨折”など直接原因分かるものは対処のしようがある。でも「体質です。」と言われてもね~。
卵巣嚢腫だった…
エコー画像を見せられ、「これが子宮で、これが右の卵巣、これが左」とカーソルでグルグル指す。初めて見る物体に驚く。恥ずかしながら今まで卵巣の位置なんて知らなかったから「へぇ~」。丸っこい団子が2つ仲良く並んでいた。先生は淡々と「卵巣嚢腫ですね。左右とも6、7センチ。」もともとの卵巣の大きさってどのくらいなんだろう?と思いながら「ふぅ~ん」。ところで、団子の直径を範囲指定すると自動的に長さが測れるんだねぇ~。思わず感心。

テーマ:女性の病気 - ジャンル:心と身体

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。